アンチエイジングならサプリメントが最強の理由!これであなたも若返ります。


肺がんで苦しんでいた父にアンチエイジングサプリメントを進めた娘さん。

そのおかげもあって、父親はとても元気に回復することができました。

不整脈をわずらっていた父は、8年ほど前から心臓にペースメーカーをつけています。

定期検診を受けた際、左のハイにがんが見つかりました。

税蜜検査で大腸の転移がんも判明したのです。

肺がんは放置しておくと大変なことになります。

すぐに放射線治療、大腸のガンは手術によって切除しました。

その後、がんは肝臓にも転移していることがわかり、1年近くの間に3度も手術を受けることになります。

そんなときにアンチエイジングサプリメントの粒食品をすすめられ、一昨年の夏から毎食後に2つぶずつ、合わせて6粒を飲むようになりました。

アンチエイジングサプリメントは国立大学や医療機関で、免疫力向上作用や抗酸化作用が確かめられたアンチエイジング効果のある成分を含んでいます。

さらに薬ではなく健康食品なのです。

アンチエイジングサプリメントの粒を飲んで、ガンの治療効果が高まると話題になっていました。

ところが、昨年の暮れには再び肝臓に2つの転移がんが判明。

70代後半を迎えた父親は、手術を3回もうけていることや、全身麻酔に対する不安があり、抗癌剤治療が選択されました。

父の抗癌剤治療は、2週刊服用して1週刊休むというサイクルを繰り返す予定でした。

しかし、治療が始まると、嘔吐や食欲不振ばかりか、むくみや口内炎、手足の皮膚が向ける、気分が悪くなるといった副作用がひどくなり、10日ほどで中断せざるを得なくなったんです。

その後、父の体調を見ながら、体の粉炭の少ない抗がん剤に変更することになりました。

アンチエイジングサプリメントを飲んでも改善する様子が見られなかったこともあり、このまま父に飲んでもらっていいのだろうか、と娘さんは悩み始めました。

腫瘍マーカーの数値が安定して体力も回復し、車の運転もできるように

ピアノの講師をしている妹が、父と同じ時期からアンチエイジングサプリメントを飲んでいました。

妹は、秋の終わり頃になると、毎年決まって教え子から風邪をうつされていたんです。

ですが、アンチエイジングサプリメントを1日2粒ずつのんでいたら、ガゼをいっさいひかなくなったと話していました。

免疫力が向上しているから、父親にも飲ませ続けるように、と妹から言われたんです。

その後、抗がん剤は以前とは異なる軽いタイプに切り替わった父親

はじめは、抗癌剤治療の中断期間になるとすぐに腫瘍マーカーの数値が上昇していたそうです。